雅楽で使われる篳篥(ひちりき)という2枚リードの木管楽器があります。そのリード『蘆舌(ろぜつ)』の材料になる葦の産地、『鵜殿(うどの)のヨシ原』に、今、新名神高速道路が建設されようとしています。建設されれば貴重な葦に深刻な問題が生じ、雅楽滅亡の危機になりかねません。

西洋木管楽器のリードの原料ケーンはフランス・ヴァール地方で作られますが、もしもこれがなくなればフルート以外の木管楽器は絶滅してしまいます。雅楽にとってこの問題は、これに匹敵する事態です。

新名神高速道路から鵜殿のヨシを守るためのプロジェクトに、みんなで協力しましょう!!


SAVE THE 鵜殿ヨシ原 〜雅楽を未来へつなぐ〜


篳篥については、こちらをご覧ください。
「雅楽を楽しむ」楽器の紹介その一「篳篥」


戻る