レッスン、バンド指導にあたって思うこと…


 教える、指導することは、自分の知っていることを伝えることではないし、自分の考えを述べることでも、また、悪いところを指摘して正すことでもないと思っています。この子には、このバンドには、今なにが必要なのか、どうすれば成長の助けになるのか、感覚を研ぎ澄まし、一緒に見つけ出すことだと思っています。

 その見つけ出した成長のヒントを、どんなふうに伝えるのか、どんなやり方で導くのか、それもまたさまざまな方法があって、これが難しく、指導を終えてから、『あれでよかったんだろうか、もっとほかになかったか』と考えてしまったりするところです。

 音楽には、ゴールがありません。生徒たちも成長しますが、教えるこちら側も、成長し続けなければならない、いや、そうでありたいと思っています。自分自身、考え方、感じ方や伝え方、どんどん変わってきています。

 楽器の練習、音楽の指導、合奏法にしても曲づくりにしても、マニュアルがありません。これをやればうまくいく、こういう時にはこうする…、そんなマニュアルはありませんし、また作ることもできないでしょう。こんなやり方でうまくいった。でも、それが別の生徒、別のバンドでもうまくいくとは全然限らない。だから難しいし、だから面白い。

 これは考え方もいろいろでしょうし、いいとか悪いとかではないと思いますが、ぼくは、『先生と生徒』というのは、『上下関係』ではなく、対等な『人と人』との関係だと思っています。また、ぼくにはそういうふうにしかできないようなところがあると思います。

 学校吹奏楽に限りませんが、指導の現場がいちばん好きです。ぼくにはそんなに大きなことができるとは思っていませんが、生徒たちと関わりながら、ともに成長できる現場が、ぼくはとても好きです。


福見吉朗へメール

戻る